無くさないことが一番です・・・

  • RSS

フルネームの印鑑を持っている人は、どれほどいるのでしょう。
シャチハタの印鑑のように、幅が広いタイプのものなら、少しは気も楽になるかもしれないですが、あの印面の丸の中に、フルネームで名前を彫ってもらうのは少し申し訳ない気もします。
でも、フルネームの印鑑は、使い道がなさそうで、結構あるかもしれません。
その中でも、セキュリティーという面についてお話しましょう。

印鑑というのは、大事な場面で登場する割りに、印鑑自体のセキュリティーはかなり甘くなっています。
なぜなら、シャチハタなどの印鑑なら、どこでも簡単に手に入るし、その他の印鑑だって、コピー品が作れないわけではないからです。
そこで、フルネーム入りの印鑑が良い仕事をしてくれます。
フルネームの印鑑が、お店の印鑑コーナーに並んでいることは、全くと言ってよいほどないでしょう。
苗字なら、安易に売れそうなものを予測して作れるけど、名前もとなると、予測は不可能です。
だから、フルネームの印鑑が店頭に存在しないのです。
ということは、コピーされにくい印鑑ということではないでしょうか。

つまり、あまり出回っていない印鑑というわけだから、その人を特定する印鑑としての効力は、シャチハタを含めたどの印鑑よりも強くなりそうではないですか。
シャチハタは、おもちゃ感覚のスタンプとしての力は、どの印鑑にも負けないけど、この、セキュリティーの問題となると、出る幕はないのです。
印鑑は、個人または法人を特定するツールであるので、このセキュリティーのことも考えていただきたいですね。
その前に、無くさないことが、一番のセキュリティーかもしれませんが。



~ 人気サイト情報 ~

〔安くて高品質なチラシをお探しなら〕

20,000部以上の大ロットが驚くほど安い!
秘密は独自のネットワークで流通工程を効率化
料金表にない枚数・サイズの印刷にも対応
安いだけではなく、高品質なチラシ印刷は激安の印刷通販へ

このページの先頭へ